豊岡観光協会「とよおかステッチ」 トップページへ
  • 豊岡観光協会について
  • お問合せ
  • サイトマップ

津居山かに

荒れやすい冬の日本海へ、
命がけで出漁する漁師たち。
波が高い時には5メートルにもなります。
せりは朝7時半から始まりますが、水揚げ・選別作業は
早いときには夜中から始まっています。
漁船が帰港するとセリ場の端から端まで
ずらっと津居山かにが並び、
セリ人の威勢の良い掛け声が響き渡ります。

山陰から丹後にかけての地域では、ズワイガニのオスを「松葉がに」、メスを「セコがに」や「こっぺ」などと呼びます。そのうち、『津居山かに』と名乗ることができるのは、兵庫県豊岡市の津居山港に水揚げされたものだけ。日本随一の品質が自慢で、すらりとのびた長い足と美しい姿が特徴的です。

漁師が自らの手で付けた青いタグがその証です。このタグは、関係者以外は入手できず、一度はめると切らない限りとれません。漁船名も入っており、漁業関係者の品質に対する自信と誇りが感じられます。

毎年、初セリには1杯5万〜6万円ほどの高値がつきます。品薄になる12月中旬〜1月は高騰しやすく、11月中旬〜12月上旬なら比較的安定しています。

青いタグが津居山かにの目印 味の違いは食べれば歴然。だしではなく湯にくぐらせただけの「かにしゃぶ」でもおいしいのは、上質な津居山かにの実力です。ぎっしり詰まった甘い身を刺身・ゆでがに・焼がに・かにすきなど様々な料理でご堪能ください。濃厚なかにみそも美味です。
また、津居山港には四季を通じて、底曳網・一本釣り・磯見などで漁獲された多彩な魚介類が水揚げされます。地元の宿泊施設や食事処でお楽しみいただけますので、豊岡港観光協会へお問い合わせください。

4
かにまつりの様子

津居山かにのPRと漁の安全祈願のために開催される恒例イベントです。展示即売や立ち食いの屋台が出るほか、津居山かにが当たる大抽選会、かに雑炊サービスなどが行われます。一番の盛り上がりを見せるのは松葉がにや魚介類のセリが体験できる「素人うまいもの競り市」です。

【DATA】

住  所 津居山港小島岩壁
問合せ先 豊岡観光協会 0796-22-8111
日  時 平成29年2月26(日)
8:30〜14:00

【 主なプログラム 】(予定)

・オープニングセレモニー
・立ち食い屋台コーナー(かに汁、甲羅酒、かに寿司ほか)
・素人新鮮うまいもの競り市(格安特価が期待できる)
・かにまつり大抽選会(1回200円・先着500人)
  活がに、ペア宿泊券、マリンワールド入園券などがその場であたる
・かに雑炊サービス一杯100円(先着800人)
・かにさんレターコーナー(臨時郵便局)
・チビッコビンゴゲーム
・津居山かに、海産物などの即売会その他楽しい催しがいっぱい

4
スポットナビ
  • 「観る」観光スポット
  • 「遊ぶ」観光スポット
  • 「泊まる」観光スポット
  • 「食べる」観光スポット
  • 「おみやげ」観光スポット
地図から探す 観光を支える協会員 豊岡観光協会facebookページ Discover豊岡
バナーブロック