豊岡観光協会「とよおかステッチ」 トップページへ
  • 豊岡観光協会について
  • お問合せ
  • サイトマップ

コウノトリについて

豊岡は日本で唯一、自然の中で人と共生するコウノトリの姿を見られるまちです。
放鳥コウノトリに出会えるスポットやグッズなどコウノトリ関連の情報が満載!
コウノトリについて 放鳥コウノトリに出会う コウノトリ商品を買う・味わう
コウノトリについて

【 特 徴 】
◎国の特別天然記念物です。
◎翼を広げると約2メートルにもなる、日本最大級の鳥類です。
◎淡水魚や水辺にすむ小動物を食べます。ドジョウが大好物。
◎ツルによく似ていますがいろいろ違います。

 

【 分 類 】
コウノトリはコウノトリ目コウノトリ科 (トキやサギも同じコウノトリ目)
※ ツルはツル目ツル科

 

【 コミュニケーション 】
コウノトリはくちばしで「カタカタカタカタ」という音を出す
「クラッターリング」により会話・威嚇・愛情表現などを行います。
※ ツルは大きな声で鳴きます。

 

【 巣を作る場所 】
松の樹上など高い所、今は人工塔が多い。
※ ツルは湿地や草原といった地上に作ります。

野生復帰への取り組み
コウノトリと人の共生を目指しています

豊岡は国内最後の野生コウノトリの生息地です。 江戸時代には日本各地に生息していましたが農薬の大量使用などの環境悪化によって昭和31年(1956)には20羽にまで減少。 人工飼育など保護活動に取り組みましたが、昭和46年(1971)に国内の野生コウノトリは絶滅してしまいました。

 

しかし、保護増殖の取組みが粘り強く行われ、飼育繁殖に成功し、その数が増える中、平成17年(2005)に5羽を試験放鳥。 34年ぶりに大空を舞うコウノトリの姿が人々を感動させました。

 

人里離れた大自然にではなく人々がくらす里山の周辺に帰し、人と自然が共生できる環境に戻していくという世界でも類をみない取り組みが注目されています。
リンク集
コウノトリの生態や保護増殖の歴史、野生復帰への取り組みなどについて、詳しいことはこちらのサイトをご覧ください。
スポットナビ
  • 「観る」観光スポット
  • 「遊ぶ」観光スポット
  • 「泊まる」観光スポット
  • 「食べる」観光スポット
  • 「おみやげ」観光スポット
地図から探す 観光を支える協会員 豊岡観光協会facebookページ Discover豊岡
バナーブロック