豊岡観光協会「とよおかステッチ」 トップページへ
  • 豊岡観光協会について
  • お問合せ
  • サイトマップ

最新情報

豊岡観光協会トップページの中のニュースの中の玄武洞ご案内ガイド 好評です。こんな風景、見逃していませんか。
アーカイブ | RSS |
豊岡観光ニュースwidth=
玄武洞ご案内ガイド 好評です。こんな風景、見逃していませんか。
2018-05-31|ニュース

豊岡観光協会の「フェイスブック」ものぞいてみてください。「豊岡の話題」や、「花情報」、その他「イベント情報」や「最新情報」などを、随時更新してお知らせしています。

 

 

 

「玄武洞公園」では、「NPO法人玄武洞ガイドクラブ」のみなさんが交代でガイドをしています。2洞30分コース1人300円・5洞60分コース500円です。

団体割引 : 2洞コース  7名〜25名様迄・・・¥2,000円   26名様以上・・・¥3,000円 : 5洞コース  7名〜25名様迄・・・¥3,000円   26名様以上・・・¥4,000円  です。

 

なお、ガイドに関するお問い合せ、ご相談は「NPO玄武洞ガイドクラブ事務局」 にお問い合わせください。

TEL : 090−1501−0335

E-mail : genbudogc-jimukyoku@npo-gcgc.sakura.ne.jp

 

これまでも「ガイドの説明を聞いて、玄武洞の素晴らしさがよくわかった。」、「今まで知らなかったことをおしえてもらえてよかった。」などの声をいただいています。

 

 

「価値のあるガイド説明」をモットーに頑張りますので、お気軽にお申し込みください。

 

「ガイド」に聞かないと、いいところを見逃してしまいます。

また、なぜこんな素晴らしい景観が生まれたのか、など今まで知らなかったことが説明を聞いてよくわかります。

ご案内させていただいた方からは「説明がていねいでわかりやすかった。」、「今まで知らなかったことがよくわかった。」などとご好評をいただいています。

 

豊岡市赤石にある「天下の奇勝 玄武洞」は自然の作り出した芸術ともいえます。

「玄武」、「青龍」、「白虎」、「北朱雀」、「南朱雀」の各洞窟は、それぞれ趣きを異にし、見る人に感動を与えます。

 

こんなすばらしい景色に出会えるかもしれません。

雨上がりの玄武洞、落ちてくる水しぶきにきれいな虹がかかります。

青龍洞前の池に移る姿が、あたかも「昇り竜」のように見えます。

「南朱雀洞」の天井に水たまりの反射が、光の波紋として揺らめきます。

いずれの写真も現地の「ガイド情報」です。知らずに通り過ぎていませんか。

「玄武洞」と「青龍洞」の前に、大正時代のようすがわかる案内看板を設置しています。現在よりもっと迫力がありました。

現地でじっくりと見比べてください。


 

  「あなたも 『玄さん』 

人気者の豊岡市マスコット「玄さん」は、「世界ジオパーク」に認定されたこともあり、いつも忙しくあちこち出かけていますが、もしも出会えなかったときには、代わりに留守番をしている「玄さん」の顔出し看板でご辛抱ください。

 

お二人の幸せを願う「縁結び玄さん」もありますので、ゆっくりとお楽しみください。

お車では、国道178号、「豊岡大橋東」の交差点から「円山川右岸」を北上するコースをおすすめします。「城崎大橋ルート」は道路の幅員が狭いのでご注意ください。大型車は通行不能です。

 

電車利用の場合は、「豊岡駅」と「城崎温泉駅」の中間に「玄武洞駅」があります。無人駅なのでご注意ください。

全但バスの「玄武洞駅」停留所も同じところです。

「玄武洞駅」で降りたら、対岸にある「玄武洞ミュージアム」さん(0796−23−3821)に予約すると、送迎船が迎えに来てくれます。ただし定員10人の小型船ですのでご承知おきください。乗船料は一人300円です

送迎船は、列車の到着時刻に合 わせて送迎しますので、列車の時間に合わせて、あらかじめ「玄武洞ミュージアム」(0796ー23ー3821)に予約してください。


玄武洞公園に行く途中の田んぼには、エサを探している「コウノトリ」の姿が見られるかもしれません。

 

付近の交通案内

 

その他のニュースを見る

このニュースを友達に送る

スポットナビ
  • 「観る」観光スポット
  • 「遊ぶ」観光スポット
  • 「泊まる」観光スポット
  • 「食べる」観光スポット
  • 「おみやげ」観光スポット
地図から探す 観光を支える協会員 豊岡観光協会facebookページ Discover豊岡
バナーブロック