豊岡観光協会「とよおかステッチ」 トップページへ
  • 豊岡観光協会について
  • お問合せ
  • サイトマップ

最新情報

豊岡観光協会トップページの中のニュースの中の秋の玄武洞」しあわせコースのご案内
アーカイブ | RSS |
豊岡観光ニュースwidth=
秋の玄武洞」しあわせコースのご案内
2012-09-27|ニュース

秋の気配も深まってきました。玄武洞近くの田んぼでは「稲刈り」も終わりました。



地方ローカル駅を利用した、「しあわせコース」として、「玄武洞しあわせコース」のご紹介です。



「世界ジオパーク」に認定された「玄武洞公園」は、連日多くの方で賑わっています。



城崎温泉駅からの「玄武洞公園バス」は、「土・日・祝日」の運行です。



出発時間は、城崎温泉駅9:15発、10:15発、11:15発の3便です。帰りは玄武洞公園折り返しの9:35発、10:35発、11:35発です。



平日や土・日・祝日の午後、または上記バスの運行時間以外には、「JR豊岡駅」と「JR城崎温泉駅」の中間にある「玄武洞駅」から、心地よい秋風に身をゆだね、対岸にある「玄武洞ミュージアム」の送迎船を利用して「玄武洞公園」に行くコースがあります



8月中旬からは、いままで通過していた「城崎温泉駅」15:36発の普通列車も「玄武洞駅」で乗降ができるようになりました。ただし、「城崎温泉駅」13:06発の普通列車は、玄武洞駅では乗降できませんので、ご注意ください。



自家用車、バスの場合は、国道178号「豊岡大橋東」の信号から、北へ向かってください。(玄武洞〜城崎温泉方面の円山川右岸は道路幅が狭いため、バスは通り抜けできません)



 城崎温泉駅前の「城崎温泉旅館案内所」で、レンタサイクルを借りる方法もあります。(城崎温泉駅から約5キロ)



もちろん、どちらの駅前からもタクシーを利用することができます。見学中の待ち時間料金がかかりますが、時間のあまりない方は、タクシー利用が便利です。





特急は停車しない小さな無人駅です。乗車券は自動券売機をご利用ください。豊岡・城崎温泉間の乗車券をお持ちの方は玄武洞駅での途中下車も可能です。



全但バス「日和山行き」のバス停も「玄武洞駅」のすぐ近くにあります。



 





道路を横断すると、河畔にある乗船場です。乗車列車と「玄武洞駅」の到着時間が決まったら、対岸にある「玄武洞ミュージアム(0796−23−3821)」に送迎船の予約連絡をしてください。(乗船料1人300円です。乗船定員10人)



 



「玄武洞ミュージアム」は1階がおみやげ売店と喫茶レストラン、2階は世界の珍しい石を集めた「世界の石の花・華の博物館」(入館料600円)、3階が豊岡特産「き柳細工ミュージアム」になっています。



豊岡市マスコット「玄さん」のグッズがたくさんあります。また、自分で柳かごあみができる体験コーナーもあります。



 



 玄武洞公園には、「天然記念物」に指定されている「玄武洞」、「青龍洞」と「白虎洞」、「北朱雀洞」、「南朱雀洞」の5つの洞があります。



 





中腹にある「無料休憩所」では、案内ガイドが常駐し、無料で説明やご案内をしています。





休憩所には、お二人の幸せを願って、「縁結び玄さん」が安置されていますが、豊岡市マスコット「玄さん」も二人のしあわせな出会いを応援しています。



 



「青龍洞」の池には、運がよければ水面に「逆さに映る青龍」が見られます。



 





まるで「地の底から天に昇る青龍」が、「幸せが天まで届け!」と願っているようです。



ちょっと思い入れがすぎたかも・・・。願うのは、あなたです。谷村新司さんも、パワーを感じたようです。





 交通案内は、こちら





しあわせハイキングマップ(PDF)





玄武洞公園バス(PDF)



 



「玄武洞で、玄さんがお出迎え」





 ますます人気上昇中の「玄さん」は、自然環境の保全や豊岡市のPRなどに大忙しですが、各地のイベントの応援にも呼ばれることが多く、なかなか「玄さん」に会えない!という声が寄せられていました。



そこで、忙しい中でもできるだけ皆さんにお会いできる機会を作ろうと、かねてから得意わざとしていた「瞬間移動」を使って、週4日は「玄武洞公園」に帰ってくることになりました。



帰ってくるのは、土曜日、日曜日、月曜日、木曜日の午前10時30分からと、午後2時からです。



とはいっても、とても忙しいので帰ってこれるのは15分程度で、また大急ぎで次の仕事に向かわなければなりません。また、出張が入れば、時間が多少変わることもあるので、ご了承ください。



※玄武洞案内ガイド(無料)  



団体の場合は、事前に申し込んでください。予約が重複した場合は、おことわりすることがあります。



玄武洞ガイドの予約は、申込書に必要事項を記入し、「行程表」といっしょにFAXで「豊岡観光協会」(0796−22−8112)へ送付してください。また、予定時間が変わった場合は、必ず連絡をお願いします。



 国の天然記念物」に指定されている「玄武洞」と「青龍洞」を見てまわるだけで約30分かかります。タッチパネル案内板での学習や、「玄武洞ミュージアム」様でのおみやげなどの買い物を含めると、すくなくとも50分から60分ぐらいの見学時間を見込んでください。



   玄武洞ガイドの申込書 (PDF)  



また、玄武洞ミュージアム(世界の石の花・華の博物館)の見学には、約30分かかりますので、お時間に余裕を持って計画をしてください。団体の場合は、別途「玄武洞ミュージアム」に予約してください。



 



玄武洞の景観を維持するため、落石撤去工事を行っています。



玄武洞公園は、秋の行楽シーズンを迎え、連日多くの方でにぎわっています。



昨年から、風雪などの影響により、玄武洞左手の崩落が進んでいましたが、このたび落石の撤去工事をすることになりました。



玄武洞公園では安全対策工事のため、下記の期間中、公園内の園路通行規制を行います。



このため、見学園路が一部変わります。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。



1. 工事期間

    平成24年9月10日(月)〜12月末日(予定)



※日曜祝日は工事を休みます。 



(工事期間は状況により変更する場合があります。)



※工事に伴い、工事用車両の通る仮設道路を設置します。



2. 園路通行規制

    園路の一部が通行止めになります。



※玄武洞公園案内所に上がるメイン通路が一部通行止めになります。



(代替経路として、トイレ横からの登り階段を利用します。)



※玄武洞と白虎洞を結ぶ通路が一定期間通行止めになります。



(該当部分の工事期間のみ。)



3.ガイド等



玄武洞公園ガイド案内、玄さんのお出迎えは、通常どおり実施します。



(※工事の状況により、急遽変更する場合があります。)



4.工事期間中は、足元に十分ご注意ください。足元が滑りやすいので、特に階段の登り降りはお気をつけください。



 



 



 工事お知らせチラシ(PDF)



 



付近の地図です。





周辺地図(PDF)



 



「玄武洞ミュージアム」のホームページもご覧ください。

その他のニュースを見る

このニュースを友達に送る

スポットナビ
  • 「観る」観光スポット
  • 「遊ぶ」観光スポット
  • 「泊まる」観光スポット
  • 「食べる」観光スポット
  • 「おみやげ」観光スポット
地図から探す 観光を支える協会員 豊岡観光協会facebookページ Discover豊岡
バナーブロック