豊岡観光協会「とよおかステッチ」 トップページへ
  • 豊岡観光協会について
  • お問合せ
  • サイトマップ

最新情報

豊岡観光協会トップページの中のニュースの中の第19回「大石りくまつり」終了しました。
アーカイブ | RSS |
豊岡観光ニュースwidth=
第19回「大石りくまつり」終了しました。
2016-10-28|ニュース

豊岡観光協会の「フェイスブック」ものぞいてみてください。「豊岡の話題」や、「花情報」、その他「イベント情報」や「最新情報」などを、随時更新してお知らせしています。

 

10月22日(土)、23日(日)に開催した「第19回大石りくまつり」は、曇り空で午後から小雨が降りましたが、何とか持ちこたえ無事終了しました。

22日(土)には、「正福寺(香林会館)」で、家族との絆を大切にした「りく」の人柄をしのび、「りく女追悼法要」を行いました。

昨年に続き、豊岡市教育委員会史料調査員の石原さんに「りく」ゆかりのお話をしていただきました。

法要に先立って「りく」の遺髪塚に、「第19代豊岡・りく娘」のお二人も参拝しました。

正福寺の境内には、「りく」の生涯を基にした小説「花影の花」の著者「平岩弓枝」さんの文学碑と、俳人「京極杞陽」さんの句碑があります。

 

 

23日(日)は、市役所前市民広場特設会場での「ステージイベント」や「屋台村」、市内商店街での「パレード」が行われ多くの方でにぎわいました。

 

「日和山平家水軍太鼓」に続き、「香住鶴」さんの提供による「鏡開き」でスタート。

 

「第19代豊岡・りく娘」のお披露目

パレードは、「りくの生誕地」がある豊田商店街からスタートしました。パレードの先頭は「ボーイスカウト豊岡第2団」の横断幕、後ろに見えるのは、旧豊岡県庁の正門です。

 

「りく娘」は人力車でパレード行進。

 

「大石りく」と「内蔵助」夫妻がそろって「陸女生誕地之碑」で献花です。「山科」で別れて以来、夫婦水入らずの時を過ごしました。

 

五荘小学校のバトンクラブ、子ども義士行列、ガールスカウト、元禄りく踊りのみなさんも、張り切っての行進です。

 

「稚児行列」の先頭は、かわいい「りく母子」

 

市役所前市民広場では、「屋台村」が設けられ、多くの方に楽しんでいただきました。

 

12月14日に「義士祭」がある赤穂からも「第31代義士娘」さんと一緒に参加していただきました。

 

ステージは、「りくのふるさと豊岡」を応援するため、無償で参加協力していただいたグループの元気なパフォーマンスやダンスが披露されました。

 

 

 

ステージイベントの締めくくりは、豪華景品があたる「りくもちまき」です。

当日の模様をダイジェストでご紹介しました。全部ご紹介できませんでしたがお許しください。

 

「大石りくまつり」は多くの方の応援、ご協力によって支えられています。ありがとうございました。

 

「大石りく」について詳しいことは、ページ下の「豊岡観光こばなし」をご覧ください。

 

その他のニュースを見る

このニュースを友達に送る

スポットナビ
  • 「観る」観光スポット
  • 「遊ぶ」観光スポット
  • 「泊まる」観光スポット
  • 「食べる」観光スポット
  • 「おみやげ」観光スポット
地図から探す 観光を支える協会員 豊岡観光協会facebookページ Discover豊岡
バナーブロック