豊岡観光協会「とよおかステッチ」 トップページへ
  • 豊岡観光協会について
  • お問合せ
  • サイトマップ

最新情報

豊岡観光協会トップページの中のニュースの中のカバンのまち、とよおかまちなか レンタサイクルでぶらり散歩
アーカイブ | RSS |
豊岡観光ニュースwidth=
カバンのまち、とよおかまちなか レンタサイクルでぶらり散歩
2016-06-12|ニュース

豊岡観光協会のフェースブックものぞいてみてください。豊岡の話題や、最新情報などを、随時更新してお知らせしています。

 

カバンストリートの一角に「豊岡市立まちなかステーション」と「カバンアルチザンアベニュー」がオープンして、多くの方にお越しいただき、まちの中が賑やかになりました。

6月26日(日)は、恒例の「カバストマルシェ」です。

 

 

 

「カバンストリート」には、「カバンの自動販売機」に並んで、「カバンスタイルの自動販売機」も加わりました。

 

但馬の地場産品の販売や町なかをご案内する「TOYOBURA(とよぶら)」でお買い物を楽しんでください。

 

「昭和初期の復興建築群」、「豊岡城下町」などもあわせて、「まちなかぶらり散歩」はいかがですか。

あたらしく「豊岡1925」として生まれ変わりました。建物の素晴らしさとともに、セレクト「スイーツ」をお楽しみください。

JR豊岡駅から「カバンストリート」までは、約800メートルのアーケードです。ゆっくり歩くと20分くらいかかりますので、ショッピングの時間も含め、時間にはゆとりをもってお越しください。

見どころが増えましたので、「まちなかあるき」には2時間くらいの時間を見てくだい。あちこち回りたい方には、レンタサイクルもあります。

※ レンタサイクル料金

(豊岡)問合せ 豊岡観光協会(JR豊岡駅1F)  0796−22−8111

普通自転車(8台)  3時間まで300円、以後1時間ごとに100円増、最大1日500円

電動アシスト付き(6台) 2時間まで500円、以後1時間ごとに200円増、最大1日1,500円

「とよぶら」には、「ミシュランレンタサイクル」を4台置いています。

料金は、3時間まで300円、以後1時間ごとに100円増、最大1日500円、受付時間は午前10時から午後5時30分までです。(水曜日定休)

 

 

新聞テレビや雑誌などでも時々紹介されますが、豊岡は「カバン」のまち。

 

「カバンアルチザンアベニュー」には、1階にオリジナルデザインのカバン、2階は「パーツ」がならんでいます。中2階は「豊岡鞄」のセレクトショップです。

 

豊岡の中心部を流れる「円山川」の低湿地を利用して栽培された「ヤナギ」を利用して作られた「ヤナギゴオリ」にその源流を見ることができます。

奈良の「正倉院」の「御物」に、当時この地方から献上されたヤナギ製品がおさめられているといいますから、とても長い歴史があります。

特に、江戸時代になって京極藩が生産を督励したことから、全国に流通する産業になりました。

戦前・戦後の材料不足や需要低迷を乗り切るため、「カバン産業」への業種転換をはかり、現在のような産業集積された「カバンのまち」が生まれました。

 

「豊岡鞄」の地域ブランドの「公式タグ」を付けたカバンは、「但馬じばさんセンター」でお求めになります。

「じばさん但馬SHOP」 豊岡市大磯町1−79(0796−24−5551)

豊岡市内の各メーカーが製造した「豊岡鞄」の認定タグを付けた商品を展示販売しています。

 

「アートフィアー」 豊岡市中央町8−4(0796−23−5408)

国際的に活躍しているデザイナー「由利佳一郎さん」のデザインしたバッグなどを置いています。

 

「アトリエNUU(ヌウ)」 豊岡市中央町7−28(0796−22−7732) 

なかなか見ることができない鞄作りの現場を見学していただく事ができるオープンな工房です。

 

「嘉玄」 豊岡市元町2−5(0796−24−0039)

創業1824年(文政7年)で、バッグ業界では日本一の歴史をもつ「エンドー鞄」の向かいにオープンした系列工房ショップ。カバンの歴史を見ることができる展示コーナーやカバン製作のようすなどを見ることができます。

 

「おばた」 豊岡市千代田町8−27(0796−22−2302)

カバン製造メーカー「(株)尾畑本店」の直営店で、「豊岡駅通商店街」にあります。

まちなかの「かばんSHOP」は地図の「カバンマーク」のところですが、その他にも、「豊岡のカバン」の販売店は、市内にも何店かあります。

「かばんの館」 豊岡市神美台12−1(0796−29−5757)

豊岡中核工業団地にあり、市内製造メーカーの製品など、お手頃価格のカバンを多くそろえた大型販売店。

「かばん工場たなか」 豊岡市日撫390−1(0796−22−5315)

国道178号「豊岡トンネル」の東側入り口付近にある、お手頃価格の製品を多くそろえた大型販売店。

「木和田(株)」 豊岡市九日市上町817(0796−22−7151)

「豊岡鞄団地」にある製造メーカー「木和田(株)」の販売展示場。自社製造の「豊岡鞄」をはじめ、お手頃価格の商品まで幅広くそろえた大型販売店。

[玄武洞ミュージアム」 豊岡市赤石1362(0796−23−3821)

「玄武洞公園」の下にある「世界の石の花・華の博物館」に併設されたおみやげ処。ヤナギ製品も販売している。博物館の3階は「ヤナギゴオリ」の歴史を紹介する展示場になっています。

 

豊岡観光協会のホームページ、「おみやげ・かばん」のページ を参考にしてください。

また、豊岡鞄について、詳しいことは、 豊岡鞄の公式サイト をご覧ください。

「カバンストリート」では、毎月第4日曜日に「カバストマルシェ」を開催しています。

その他のニュースを見る

このニュースを友達に送る

スポットナビ
  • 「観る」観光スポット
  • 「遊ぶ」観光スポット
  • 「泊まる」観光スポット
  • 「食べる」観光スポット
  • 「おみやげ」観光スポット
地図から探す 観光を支える協会員 豊岡観光協会facebookページ Discover豊岡
バナーブロック