豊岡観光協会「とよおかステッチ」 トップページへ
  • 豊岡観光協会について
  • お問合せ
  • サイトマップ

最新情報

豊岡観光協会トップページの中のニュースの中の「大石りく」ゆかりの地めぐりはいかがですか。
アーカイブ | RSS |
豊岡観光ニュースwidth=
「大石りく」ゆかりの地めぐりはいかがですか。
2019-11-29|ニュース

 

 

 

豊岡観光協会の「フェイスブック」ものぞいてみてください。「豊岡の話題」や、「花情報」、その他「イベント情報」や「最新情報」などを、随時更新してお知らせしています。

 

「豊岡市」は、忠臣蔵で有名な「大石内蔵助」の妻「りく」の生誕地です。

 

「りく」里帰りの旅姿をイメージした母子像

 


作家「平岩弓枝」さんの「花影の花」文学碑

 

高浜虚子と親交の深かった俳人「京極杞陽(きよう)」の句碑

 

 

「りく遺髪塚」がある正福寺

 

正福寺墓地にある「りく遺髪塚」

 

夫である内蔵助の明かせない心中を理解し、討ち入りを陰で支えた「りく」、わが子を守り三男「大三郎」を広島・浅野家に仕官させ、その行く末を見届けた「りく」。

 

「りく生誕地」付近の案内板

 

「元禄時代の城下町絵図」

 

 

 

「りく」は、寛文9年(1669年)の生まれですが、これは京極高盛が京都府田辺(舞鶴市)から豊岡に移封された寛文8年(1668年)の1年後になります。

 

りくの祖父、石束源五兵衛毎術(つねやす)も京極家に従って豊岡にきました。

 

養源寺にあるりくの祖父「石束源五兵衛毎術」の墓碑

 

京極高盛は、藩の財政安定のため「やなぎごおり」の生産に力を入れ、藩財政の安定に努めました。家老職の毎術もともに尽力したことと思います。

 

「豊岡市史上巻」によると、毎術の孫にあたる「りく」の兄毎明(つねあきら)は、父・毎公(つねとも)を継いで家老職に就きますが、後継者問題から享保の減知により京極藩が3万5千石から1万5千石に減封されたことに伴い、享保12年(1727年)に、家老の毎明も禄が1200石から500石になりました。

 

このため、毎明は率先して藩の財政を救うため質素倹約と産業振興に努め、「やなぎごおり」の生産と販売により一層の力をそそいだ、と記述しています。

 

「石束家」をとおして、「りく」と「やなぎごおり」、これから発展する「豊岡のかばん」と、その思わぬつながりが見受けられます。

 

 

 「大石りく」について詳しいことは、「豊岡観光こばなし」のページをご覧ください。

「豊岡かばん」のルーツも訪ねてみてください。

 

その他のニュースを見る

このニュースを友達に送る

スポットナビ
  • 「観る」観光スポット
  • 「遊ぶ」観光スポット
  • 「泊まる」観光スポット
  • 「食べる」観光スポット
  • 「おみやげ」観光スポット
地図から探す 観光を支える協会員 豊岡観光協会facebookページ Discover豊岡
バナーブロック