豊岡観光協会「とよおかステッチ」
  • 豊岡観光協会について
  • お問合せ
  • サイトマップ
豊岡観光名物:コウノトリ 豊岡観光名物:津居山かに 豊岡観光名物:鞄のまち豊岡
豊岡ってどんなところ?
今後の予定 (event)
トップ左バナー
豊岡に咲く美しい花々の見ごろ時期をご案内します。

たじま旅ネット

但馬情報特急

山陰海岸ジオパーク
最新ニュース
最新情報
2016-06-26

豊岡観光協会のフェースブックものぞいてみてください。豊岡の話題や、最新情報などを、随時更新してお知らせしています。

 

豊岡の「まちなか縁日」、 まだまだ続きますよ。「豊岡のまちなか」の普段気づかないところを、夕涼みを兼ねて「ぶらり散策」はいかがでしょうか。
  

7月1日は、豊岡市城南町(小尾崎区)の「鳩場(はとば)地蔵」さんの縁日です。

「小尾崎」と隣の「豊田」との境には、かって堀があって橋がかかっており、近くに船着き場があったそうです。

小尾崎の「鳩場地蔵」さんは「波止場地蔵」とも呼ばれ、かっての船着き場の名残ともいわれます。

「慶応年間」にお札の版木を新調した時には「鳩場地蔵」といっていたようです。版木の下、台座のところに「豊岡鳩場」と書いてあります。

 

 

引き続き、3日には中央町の来迎寺で「毘沙門天王大祭」、6日は山王町「日吉神社」の「祇園大祭」、7日は中央町の「自性院」の「豊岡薬師大祭」、元町の「幸之神神社大祭」」と続きます。

 


 




来迎寺の「毘沙門堂」



 

鐘楼の下には、NHK大河ドラマの「黒田官兵衛」の時代、播磨征伐、但馬征伐、鳥取征伐と続く戦国時代、豊臣秀吉が但馬を平定した後、この地「豊岡城」を治めた「宮部善祥房継潤(ぜんしょうぼうけいじゅん)」(のちの鳥取城主)の顕彰碑や、本堂前にある「杉原伯耆守長房」の墓碑、蕪村と並ぶ江戸時代の俳人「蝶夢翁」の顕彰碑も訪ねてみてください。



 

豊岡城主「杉原長房」の墓碑

「蝶夢翁」の顕彰碑

 

 

 

 

 

 

10日は、「青空市場」の入り口のところにある「木守地蔵」さんと「あかり地蔵」さんのお祭りです。

「青空市場」入り口の地蔵堂。ここには、生田東区、御陵区、生田西区のお地蔵さんがならんでいます。

一番左に「木守地蔵・あかり地蔵」が祀られています。

 

15日は豊岡藩主、京極家とゆかりのある「立正寺」の「妙見宮夏祭です。

 

 

妙見宮前にある「京極杞陽(きよう)」の句碑

本堂の屋根には、京極家の「家紋」の瓦があります。

 

「豊岡まちなかの縁日」は、古くから続くもの、「豊岡城下町」の形成の時代から守られてきたものなど、当時の庶民の信仰と娯楽をしのぶことができます。

25日には、豊岡市京町(本区)の「豊岡稲荷(本町稲荷)神社」の「天神祭」があります。

「ご城下のお稲荷さん」として豊岡京極藩の庇護を受けていましたが、いまでは地元の地区でお世話をされています。城下町絵図のお城の下、ちっちゃな池の近くにあるのがわかるでしょうか。

 

 

「城下町出石」、「コウノトリの郷公園」、「玄武洞」など近くの見どころを訪ねるついでに、豊岡駅近くのビジネスホテルに泊まって、ふだんは気づかない「豊岡まちなか」を、夕涼みがてら散策してみてはいかがでしょう。

その他の記事を見る
特集
小話
豊岡のこばなし
スポットナビ
  • 「観る」観光スポット
  • 「遊ぶ」観光スポット
  • 「泊まる」観光スポット
  • 「食べる」観光スポット
  • 「おみやげ」観光スポット
地図から探す 観光を支える協会員 豊岡観光協会facebookページ Discover豊岡
トップページリンク
豊岡へのアクセス方法